HOME >> 社長ブログ

今年の夏休みは・・・

季節の変わり目となりましたが、体調など崩されてはおりませんか?

さて、夏休みはすでに終わりましたが、今回は夏休みの出来事ネタです。

広島に来てもう20年以上になりますが、私が生まれ育ったのは播州三木(兵庫県三木市)です。今年のお盆休みにも帰省いたしました。
みなさんもお盆などは御先祖様のお話などもされたりしたのではないでしょうか?
広島では多くの家系が浄土真宗だと思いますが、全国的にはいろんな宗派がありますよね・・・恥ずかしい話、我が家の宗派を詳しく知らなかったので、本家に尋ねてみて、良い機会でしたのでお世話になっている寺院を訪ねてみました。

こちらがその寺院・・・天台宗一乗寺です!









一乗寺(いちじょうじ)は、兵庫県加西市にある天台宗の寺院。西国三十三所第26番。山号は法華山、本尊は聖観音菩薩である。寺伝では孝徳天皇の勅願で650年に創建、開基(創立者)は法道仙人とされる。国宝に指定されている三重塔(1171年建立)は平安時代後期を代表する和様建築の塔であり、日本国内屈指の古塔である。境内は山深く、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られている。
・・・とウィキペディアにもありましたが、想像していたより、立派な寺院でした。

長男と次男と一緒にこんな長い階段を上り・・・











国宝である三重塔もありました。













本堂では線香をあげさせていただきました。










少し、御先祖様に近づけた?そんな気がしたお盆でした・・・


続いては、次男が通う小学校でのイベントのお手伝い!
昨年に続き、2回目のそうめん流し大会!!
なんと、長さが30m近くもあります。













前日から、裏山の竹を切り出すところから始めました。
そうめん流しをする機会も滅多にないので良い体験をさせていただき、当日は竹とんぼづくりの企画もあったりで、大にぎわいでした。
子供たちは、良い体験ができ、楽しい夏休みの終盤を過ごせたのではなかったでしょうか。



 

弁柄(べんがら)とは・・・

夏真っ盛りの季節になりました。暑さで体調を崩されたりはしていないでしょうか?
よく食べ、よく寝て、熱中症や夏バテに注意して下さいね!

みなさん、弁柄(べんがら)ってご存知ですか?
聞いたことはあるけど、どんなもの?何に使う?といった感じでしょうか?

弁柄(べんがら)とは・・・
土から取れる成分(酸化鉄←そう、サビなんですね!)で、語源はインドのベンガル地方より伝来したことからそう呼ばれています。
素材自体に防虫、防腐の効果もあって日本でも古くから家屋の塗料として使われていたそうです。
海外では、ラスコーやアルタミラの洞窟壁画でもみられ旧石器時代から使われた最古の顔料でもあるようです。
もともと「赤」しかなかったようですが、素材の燃焼温度などの工夫によって最近では黄、黒、緑、紫なども製造できるようになりました。










無添加住宅でも、弁柄(べんがら)を建材として使用しています。
柿渋や焼酎、豆乳などと混ぜて塗料として使ったり・・・










しっくいに混ぜて着色します。
酸化鉄なので経年劣化で色褪せすることもなく、綺麗な古代色が永い年月で楽しめます。













もちろん無害なので天然素材として最近では、繊維製品への染物に使用されたり、オーガニック製品にも使用されています。
さくらホームでも、そんな弁柄(べんがら)を楽しんでいただこうと”べんがら染め”のワークショップを企画しました。
エコバックにべんがら染めを施したものです。










当日は”べんがら染め”と”無添加石けん”を手づくりを行いました。
詳細は次回報告しますね・・・お楽しみに!!

 

むてんかスタイルマーケット in Oishi吉山

ジメジメとした梅雨がおわり暑い夏がやってきましたがいかがお過ごしでしょうか?
そんな夏でも漆喰は調湿効果があるのでお部屋の中はサッパリヒンヤリですね!

先月になりますが、「6月10日は無添加住宅の日!」と題して全国的に無添加住宅ビルダーが各地でイベント等を開催いたしました。私たちさくらホームも、~むてんかスタイルマーケット in Oishi吉山~として、昨年オープンしたOishi吉山さんとコラボでいろんな催しを行いました。

ワークショップでは無添加住宅オリジナル漆喰を使ってミニチュアハウスや、手形・足形ボードを作ったりしっくい塗り体験を行いました。











いろんなミニチュアハウスが完成!なかなかわいく出来てます!!






炭化コルクで利用して多肉の寄せ植えづくりも好評!!
昔から伝わる製法で、60日間かけてじっくりとつくりあげた無添加オリジナル石鹸「うぶぶ」の販売やお試しコーナーも!
美味しいものコーナーでは、シェフオリジナルの手づくりソーセージ・ベーコンのグリルや特製大なべパエリヤ頂くことができました。
もちろん保存料や発色剤などの添加物は一切使用しておりません。













店内では、県内産新鮮野菜のセットや、オーガニックワインの販売もあり、無添加色いっぱいです!!
さらに子供たちは、スタンプラリーで遊んだり、ミニトマトすくいなども体験できました。









たくさんの方が参加して下さり、また無添加住宅オーナー様もお越しいただき、大賑わいな一日となりました。
また、次回夏休みにワークショップを企画したいと思います!ぜひご参加ください!!



 

 

ちっちゃい田んぼの田植えイベント!

ゴールデンウィーク明けに、第4回さくらホーム田植えイベントを開催いたしました。









当日は、天気も良く、過ごしやすい気候で田植えも快適に作業ができました!第4回ということもあり、以前よりスムーズに田植えが出来るようになったような気がするのは気のせい?でしょうか?(笑)









もちろん田んぼに裸足で入るのが初めての人もいて、最初はゆっくりゆっくりでしたが、今年は小学生高学年ががんばってくれましたおかげでスムーズに無事完了!









終わった後は、みんなで吉山BIANCOさんで、この吉山で採れたパエリア用のお米<パエリコ>で作ったパエリアと採れたて野菜サラダをいただきました。








エビや貝などの業界類やお肉、そして季節のもの(今回はタケノコ)が入った具だくさんのパエリアを外でいただくなんてホント美味しくて気分の爽快でした。


そして今回はピザづくりに挑戦!!
こんな手作りのピザ釜が吉山BIANCOにはあるんです!









生地をのばして、手づくりピザソースを塗り、チーズなど好きなものをトッピングして・・・
2分間、釜に入れると・・・
そとはカリカリ、なかはモチモチ!アツアツの出来立てピザは最高でした!!









次回は、ピザづくりを中心にイベントなんかもやってみたいと思うほど楽しくつくれて、美味しかったです!
食後は、木陰でおしゃべりをしたり、子供たちは川で水遊び!カエルやおたまじゃくしはもちろん、いろんな生き物が顔をのぞかせてくれました!
秋には稲刈りイベントもできるように大きな穂が実ってくれるのを祈るばかりです!もちろん、稲刈りイベントも行いますのでお楽しみに!!

6月10日(土)にはこの吉山エリアで昨年オープンしたOishi吉山にて「むてんかスタイルマーケット」を開催します。いろんなむてんかな美味しいものや楽しい企画を用意しておりますので是非、吉山までお立ち寄りください!!

 

 

松江!

新緑がきれいな季節になりました。GWはどう過ごされましたか?
ほんと良い季節、車で出かけていても山や海きれいで、そして気候も最高の季節です!!

先日、無添加住宅の中四国ブロック代理店会が松江で開催されましたので参加いたしました。松江市内の代理店さんのカナツ技研さんをお邪魔させていただき、今月オープンされる分譲モデルとリノベーション物件、ショールームを見学させていただきました。









同じ素材を使った建築現場ですが、各代理店さん、いろいろと工夫もされておりとても勉強になりました。

その後、懇親会があり、その日は松江泊でしたので、次の日、朝一で松江城を見学に行きました。
すがは「国宝松江城」!現存する木造の天守閣!!見事なスケールでした。









ちょうどさくらも満開です!!
画像を見てわかるように、外壁は黒い部分と白い部分がありますね・・・黒い部分は、木製の下見板で白い部分は無添加住宅でもお馴染みの漆喰です。世界遺産の姫路城は別名白鷺城と呼ばれるくらい外壁のほとんどが漆喰ですが、この松江城は費用の関係なのか?木でできた部分も多くありました。さくらホームの無添加住宅も外部も内部も漆喰か天然石でつくられています!!










この松江城、貴重な現存する木造の天守閣なのですが、あまり見た事がないたくさんの鎹(カスガイ)や金輪が付いている柱でした。





調べてみると、当時予算がなく、木と木を繋ぎ合わせて柱にしているそうです。知恵と工夫が詰まった城郭なんですね!

訪れた地域でお城を見学するのはもちろん建物を見る楽しみもありますがその地域の歴史を感じることもできます。ぜひ、旅行に行かれた際は、その地域のお城を見学するのもコースのひとつに組み入れてみて下さい。

 

味噌づくり&鈍行列車

4月に入り、寒さもなくなり心地良い日々が続いていますね。
この季節、別れや出会いがあり、また気温も暖かくなり、いろんな植物も活発になりますよね!日本の四季を感じる季節でもあります。
今回のネタは「味噌づくり」と「鈍行列車」の2本立てです。
みそづくり先月のDMの中の案内にもありましたように、今回初めての試みで「味噌づくりワークショップ」を開催いたしました。
以前のブログ等でも掲載させていただいたように自宅では5~6年前から毎年味噌づくりをしていますが、今回のようにイベントとして行うのは初めて!開催場所の選定から、どこからどこまでを作業として行うか?道具はどうするか?などいろんな検討しないといけないこともありました。参加者は幼稚園児から人生の大先輩?の方々まで様々でしたが、みなさん協力的に作業をしていただき、企画的早い時間で仕込むことができました。まずは大豆は前日からこちらの方で茹でておいたのでこれを潰す作業から!基本的には手で行いましたが、すり鉢でやったり、ミンサーでやったりしました。次はそれに麹(今回は米麹)と塩を一緒に混ぜで、団子にして詰めるだけ!簡単に言えばこんな感じです!!味噌を仕込む作業も面白おかしく楽しみながらできましたが、これを半年から一年、寝かして(できれば漆喰の部屋で!)熟成したものを食べれるのがまた楽しみです。当日は1年物の手前味噌で味噌汁を召し上がっていただいたり、1年物と2年半物の味噌を試食して頂いたりしました。添加物など余計なものが入っていない手作りの自作の味噌!やっぱりほんものは良いですね!!

つづいて・・・
春ということで、小学生の次男と春休みを利用して、少しお出かけしてきました。
次男は鉄道が大好きで、「電車でお城めぐり」がしたいというのがリクエスト。
「青春18きっぷ」を利用し、始発の鈍行列車からのスタート!
始発なので途中の駅で連結作業があったり、運転席の後ろからマジマジと眺めれたり、ちびっこ鉄ちゃんは大喜びでした。
0679












岡山駅で下車、その後路面電車を利用して岡山城へ!
0658









ちょうどマスキングアートプロジェクトをこの地域で開催されており、岡山城も飾られていました。
662









続いて、瀬戸大橋を渡り、香川県へ!
高松城を見学して・・・
665









丸亀城まで行きました!
0688









丸亀城の天守閣は小さいですが、木造のままのものが残っており、見ごたえがあります。
0691












コンクリートで再現した豪華なお城も良いですが、丸亀城のような素朴で本物の木造が残っているお城はもっと素晴らしいものです。
やっぱりほんものが良いですね!!
石垣が綺麗な事でも有名で、特にお城好きの方は魅力的なのでしょう!
IMG_0684









瀬戸大橋を戻り、倉橋の美観地区を最後に廻り、帰路につきました。
IMG_0704












今回、この「青春18きっぷ」を初めて利用しましたが、これはおすすめです。
683









季節の良い時に、のんびり列車の旅はいかがでしょうか?





 
 

東日本大震災と耐震性・耐久性

3月入りました。
「1月いく(広島ではいぬる)」、「2月にげる」、「3月さる」と言いますが、年が明けてからあっという間にもう3月です。
この3月もすぐに去っていくのでしょうか?

12446076_1716193241937049_759018449_n
平成23年3月11日午後2時46分、東日本大震災が起きました。マグニチュード9.0、震度7、死者・行方不明者20,000人以上、住宅においては全壊・半壊建物40万戸以上とも言われる大災害でした。この震災での大きな被害の一つは津波によるもので、テレビで次々と家などが津波に飲み込まれる様子はとても衝撃的で今でも脳裏にやきついています。阪神大震災、東日本大震災以降、住宅の基準や考え方もずいぶんと変わってきました。広島では地震が少ないという事もあり、地震に対する考えが、他地域に比べて薄いように感じます。

ですが、家づくりをするにあたり、これらの震災の教訓を配慮すべきと私は思います。耐震性能の数値を上げることで地震時の損傷被害を減らすことも一つの方法です。これにより地震がきても、大きな補修を行わずとも家を再利用することが可能ですし、損傷が少なければ直後に逃げ出すこともできます。(これは時と場合によりますが)建物の構造だけでなく、地盤も重要です。土地選びには自治体等が発表しているハザードマップ等も参考に出来ます。(HPでも見れます)広島市内は三角州の部分が多く軟弱な地盤が多いのも現状です。地盤調査を行い軟弱地盤である場合は、結果を考慮し、改良方法を検討していきます。

既存住宅についても自宅の耐震性能はどうなのか?気にしたいことろです。阪神・淡路大震災は、特に昭和56年以前の旧耐震基準の家に被害が集中していました。東日本大震災でも被害は古い家に多く、このことから、新耐震基準はそれなりに効果を発揮していると考えられます。昭和56年5月31日までの旧耐震基準は「震度5強程度の地震でほとんど損傷しないこと」が求められていました。それ以降の耐震基準、いわゆる新耐震基準は、それに加えて「震度6強に達する程度の地震で倒壊・崩壊しないこと」が求めらることになりました。阪神・淡路大震災が発生してからさらに厳しく耐震基準を見直し、その改定が、平成12年(2000年)です。実際に、新耐震基準で建てられた建物でも、84%が現行の耐震基準を満たしていないそうです。既存住宅では、リフォームされる際に、耐震改修工事もあわせて検討されてみてはいかがでしょうか?

弊社が施工する無添加住宅も様々な耐震や耐久についての知恵が含まれています。屋根として使用しているクールーフは天然石で重いイメージがありますが、軽い部類に入り、特許である引掛け工法により、東日本大震災でも落下の報告はゼロでした。また、無添加住宅は家自体が呼吸をするつくりになっているため壁内結露が起こらず、柱や木の部材が腐りにくく耐久性に優れているので長い年月が経っても耐震性能は衰えません。

耐震や耐久、家づくりをするうえで避けては通れない検討事項ですね!!

 

グリーンコープ

2月に入り寒さもピークの季節ですね!
まだまだインフルエンザなども流行るのでしょうか?

突然ですが、みなさんは「グリーンコープ」をご存知ですか?
無添加住宅のお客様や、見学会・イベントの来場者の方々には何らかの共通点があります。
自分の住む家は自然素材でつくりたい!というのはもちろんですが、食に関することであったり、環境に関することであったり、医療に関することであったり・・・
いろんな共通点の中のひとつですが、この「グリーンコープ」を利用されている割合がとても高く感じます。
いわゆる生協なのですが、比較的規模も小さく、他にも生協はある中、無添加住宅のお客様は、この少しこだわりのある「グリーンコープ」を利用されている方が多いのです。
pht01





何が違うかというと、たとえば卵・・・
見学会でも卵のポップで説明させていただくことがありますが、黄身の色、濃い黄色が美味しそうに感じる方が多いかもしれません。黄身の色は飼料によっていろんな色にすることが可能です。この卵は、飼料の約85%を占める穀物(玄米・大豆粕・きなこ)はすべて国産です。輸入とうもろこしを使っていないため、黄身はレモンイエロー色なのが特徴です。
pht03







続いて石鹸。
以前、シャボン玉石けんさんの工場見学に行った時の事を書きましたが、ブラックライトで白の衣類を照らすと、ブルーに光ります。これは、洗剤の中に蛍光増白剤が入っていて、汚れを落すとは関係なく白さを増すものが入っているので白くなり、ブラックライトをあてると光るのです。グリーンコープのものはそんなものは入っていませんし、天然の動植物性油脂からつくるので、人にも環境にもやさしいせっけんです。
sentaku21





野菜も基本的には無農薬・減農薬で産直なので本当のおいしさが生きています。形や色が不揃いな事もありますが、それが当たり前なんですよね!産直肉も卵と同じで、与える飼料や飼育方法・環境へのこだわりはもちろん、安心・安全の上に、何よりも「おいしい肉を」と願う生産者の産直の肉です。
pht09





そして、この牛乳、母牛の飼料non-GMO(遺伝子組み換えでない)使用したノンホモ・パスチャライズ牛乳。容器はリユースができるガラス瓶なのです。
pht02





グリーンコープのまわしものでもなんでもありませんが、こうした人にやさしく環境に配慮した、そしてホンモノをお届けする「グリーンコープ」って良いですね!
どこか無添加住宅に似ているところがありますね!あっ、もちろん我が家もグリーンコープ利用者です!!



 

無添加住宅メンテナンス講習会

先日、無添加住宅本部の森本様をお迎えして、無添加住宅メンテナンス講習会を開催いたしました。不定期にお引渡をさせていただいたお客様を中心にご参加いただきました。
IMG_3405









今回は実際に引渡をさせていただきましたK様のご自宅にて開催。
二年足らずの期間ではありますが、少しずつ汚れやキズが見えるようになりました。
無添加住宅の床は一般のお家の複合フローリングとは違い、すべて無垢板になります。
今回のK様宅は30ミリの厚さのパイン材で施工させていただきました。
無垢板なので傷やへこみ、汚れまでもが経年美化、いわゆるアジが出てきた感じでこれもまた良いのですが、今回はこんな方法でメンテナンスできますよ!という観点からの講習会です。
こちらは固形のシャボン玉石けんと雑巾を使って床をジャバジャバ洗っています。
IMG_3410 IMG_3406









無垢なので大丈夫です。
やりすぎると今まで自然に付いた艶までなくなるのでほどほどに・・・
しつこい汚れはキチンスポンジの硬い部分を使用すると良いかもしれません。

凹みは水分を施し、こんな感じでアイロンを使って戻します!
ほんものの木なので戻るんですね!!
IMG_3412 IMG_3411









無添加住宅の壁はすべて漆喰か石です。
壁紙ですと破れたり凹んでも補修はできませんが、漆喰だとこんな風に補修もできます。
IMG_3413












補修用に練った漆喰を塗って補修するだけです。

手垢や汚れももちろん着いてきますが、アジが出てきて良い感じです。
カッターナイフで削ったりメラミンスポンジで拭いたりとメンテナンスも簡単です。

外部の汚れももちろん着きますが漆喰って古くなればそれはそれで何とも言えない風合いを醸しだしてくれます。洗剤を付けてブラシで擦ったり、高圧洗浄で洗浄もできます。

無添加住宅は、健康に配慮された家でもありますが、永く住んでいただける家でもあるんですね!!

今回、無添加住宅オーナー様が顔を合わされたのですが、自然が好きだったり、手づくりが好きだったりとどこか共通点が無添加住宅オーナー様にはあるなと気付いた今回の講習会でした。
ご自宅を提供いただいたK様には本当にお世話になりました。



























 

新年のお慶びを申し上げます

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
本年も、社員一同、一層のサービス向上・社業発展を目指し、心誠意努める所存でございます。昨年同様のご厚情を賜わりますようお願い申し上げます。

みなさん、お正月はどのように過ごされましたか?
年末年始というのは、振り返りをしたり、新たな決意をしたりという区切りのいい機会でもあります。昨年においては、田植えイベントや稲刈りイベント、木工教室、メンテナンス講習などいろんなイベントを開催させていただきました。いろんな縁から、みなさんに助けていただき、お陰様で無添加色いっぱいの充実した一年を過ごせ感謝致しております。

さて、今年2017年の干支は「酉」(トリ)です。
なにを隠そう、私宮永は酉年生まれで、今年が年男なんです!今年も例年以上に精一杯がんばっていきたいと思います!!

ところでこの「酉年」。
「酉」ってなんの鳥か知ってますか?知ってる方もいると思いますが、正解は「鶏(にわとり)」です。では、なぜ「鶏(にわとり)」なのか?もともと十二支の子、丑、寅、卯…亥には動物の意味はなく、無学の庶民が十二支を覚えやすくするために身近な動物が当てられたということです。ですが、「にわとり」が選ばれた理由は明らかになってません。鳥は人に時を報せる動物で、「とりこむ」と言われ、商売などでは縁起の良い干支だそうです。ますます頑張らねば!!

年末年始に実家へ帰省し、元日に近くの「大宮八幡宮」に夫婦で初詣に行き、二日に家族と友達家族で行くのが恒例になっている「生田神社」にお参りに行きました。この「大宮八幡宮」は85段の石段があり、上るのが大変!!
img_0152

 

 

 

 

 



秋祭りには2トンの神輿8台がここを上がるんですけどね!!

img_0150



e0178131_2324495

 

 

 

 

 

 

 


「生田神社」は芸能人の結婚式などでも取り上げられた有名な神社だけあって毎年かなり混雑していますが、今年は早めに出たので少しはマシでした。
img_0156 img_0153

 

 






相変わらずのバタバタとしたさくらホームのスタートとなっておりますが、皆様、本年もよろしくお願いいたします。




 

ジャパンハート!青年塾20周年記念大会in横須賀

すっかり秋になり、涼しくなったというよりは寒くなりました。季節の変わり目は体調も崩しやすいので気を付けて下さいね。
さて、突然ですが、私が師匠と思う人の一人に上甲晃(じょうこうあきら)氏がいます。
上甲先生は元松下政経塾の副塾長であり、現在、志ネットワークの代表をされており、「青年塾」という学びの場を設けられ、人間の根っことも言うべき”人格”を魅力的なものにすることに、力を注がれています。私は14年ほど前に、その青年塾6期生として、「志」学ばせていただきました。

今回、その青年塾の20周年記念大会が横須賀で開催され参加してきました。
img_9581









初日にジャパンハート代表の吉岡秀人医師のお話を聴くことが出来ましたが鳥肌が立ちました。吉岡医師はミャンマーなどの途上国で無償の医療活動を続ける日本の医師で、専門は小児外科。
e0046467_038646












日本から一歩出れば、500m先に病院があっても絶対に診てもらえない人たちがいます。どうせ医師になるのなら、そのような海外の絶対的医療へき地で医師になろうと思い、志を持ちながら活動されている医師です。現在、ラオスの山岳地帯に医療を届けるためのドクターカー購入に向けてクラウドファンディングによる寄付も受け付けておられます。
詳しくはジャパンハートのサイトをご覧ください。
http://www.japanheart.org/
そして、二日目、塾生OBが数人実践活動の発表をする訳ですが、私もその中の一人として発表いたしました。(させられました?)
テーマは「体に悪いものは使わない家づくり」です!イエローハットの鍵山相談役や中田元横浜市長、その他素晴らしい方がいらっしゃる前での発表は緊張しました・・・
01






上手く発表できたかはさておき、良い経験をさせていただきました。

横須賀ですので、お昼は海軍カレーを頂きました・・・呉の海軍カレーと同じなんだろうか?
img_9596














 

いいな~!・・・モデルハウス!!

10月に入り朝夕が涼しく、過ごしやすい季節になりました。
さて、先日、岡山の総合展示場に視察へ行ってまいりました。
img_9496









ここは無添加住宅正規代理店の(株)コラボハウスさんが所有されているモデルハウスです。
大手メーカーさんが入る総合展示場に無添加住宅があると、ひときわ自然素材の良さがわかります。
もちろん天然の石屋根に漆喰の外装、ところどころに天然石が張られていて、偽物の石調のタイルと違うのは一目でわかります。
中に入ると、無添加住宅オリジナルの米のり集成材でできたキッチンをはじめ、造作でできた洗面化粧台や飾り棚類、そして在来工法の浴室!
手づくり感満載の仕様で、他メーカーでは見ることができないコーディネートになっていました。
 img_9439 img_9454 img_9466 img_9505



















床はもちろん無垢のフローリング
img_9478









和室もこんな落ち着いた雰囲気に・・・
img_9441









いつも思うことですが、さくらホームにもモデルハウスが欲しいな~・・・と!
特に無添加住宅は、目で見て、触っていただくと良さが一目瞭然なんですよね!!
いつかはきっと・・・!!







 

 

秋の植付と吉山にてワークショップ!

今年は台風がよく上陸する年になりました。
気温も暑かったり、寒かったりと体調を崩しやすい季節です。
通風や採光を工夫するだけで快適さも変わってきます、季節の変わり目に暮らし方にも工夫をしてみてはいかがでしょうか?

さて、今月も先月に引き続き農業ネタと夏休みのワークショップネタです!
先月に書かせていただいた、厳重にネットをしておいたにも関わらず、動物に一部食されていたトウモロコシ!
その後の被害は拡大しておらず、無事収穫できました!
トウモロコシは、蒸したり、焼いたり、湯がいたり・・・でしょうが、採れたては生で食べる事が出来ます!しかもジューシーで甘い!!
img_9145









ほらこんなに採れました!
img_9147












10月に収穫予定のサツマイモ!
こんあ風に、ツルを裏返します!これは伸びたツルが根を張って葉に栄養が行き過ぎるのを防ぐ為です。こうやって土の中の芋は大きくなるんですね!!
img_9152









12月に収穫予定の大根は種まきをし・・・
img_9302









ジャガイモは種芋を植え付けます!芽が出てる方を上に向けます!
img_9296










収穫が楽しみですね!!


さて、8月20日にOishi吉山にて、ワークショップを開催させていただきました!
img_9274



無垢の板でカッティングボードを作成したり・・・img_9276



img_9313








 

 

漆喰で手形・足形をつくったり!

img_9275 img_9306












 

 

来年も続けてやっていきたいですね!!

 

吉山地区の農業教室

まだまだ暑い夏が続きそうです。歳をとるたびに夏の厳しさが体に堪えるように感じるのは私だけでしょうか?よく食べ、よく寝て、熱中症や夏バテに注意して下さいね!

今月は農業ネタです!
さくらホームが建築しました「吉山BIANCO」や「Oishi吉山」がある沼田町吉山地区は、広島市内で一番最初に農業法人が立ち上がった地区でもあります。「農業組合法人よしやま」ではいろんな農業教室が開催されていますが、そこに出入りさせていただいています。

先日、枝豆の収穫祭と試食イベントがありましたので、夏休みに突入した末っ子を連れて参加してきました。夏休みということもあって、普段は、オジサンオバサンばかりなのに子供たちもたくさん参加されていました。
IMG_9110 IMG_9108 IMG_9109







 

 

 子供たちは、農作業はあまり興味がなく、虫を捕まえたり、川で生き物を探したりと自然を満喫していたようです。

枝豆の奥にトウモロコシが!いろんな動物が採りに来るのでネットやトタンで防御していたにもかかわらず、一部食べられた跡がありました・・・動物って本当にえらいですね!完璧にネットをしてたと思ったら、こんなところから入った?!って感じで侵入されてまいた。

IMG_9111










その後,「Oishi吉山」で試食イベント!
真面目な農業の講義があったり、試食したりと、吉山ならではの体験をさせていただきました。
IMG_9113 IMG_9114 IMG_9115











沼田町吉山地区・・・自然がいっぱいありますので、この夏にでも一度、訪れてみて下さい!

 

 

Oishi吉山 オープン!

ジメジメとした嫌な梅雨の季節が続いていますが、そんな湿度の高い季節は、無垢の床板が少し膨張して、乾燥した季節にあったスキマが縮まっていると思います!そして、漆喰は調湿効果があるのでお部屋の中はサッパリですね!

春にも少し案内をいたしましたが、弊社が建築させていただいたOishi吉山が5月25日にオープンいたしました。広島市安佐南区吉山・・・のどかで自然豊かな里山での『欧風マルシェ』です!!
IMG_8800 サイン石塀

 

 

 

 

 








野菜はもちろん、調理器具も販売。モンマルシェ














コーヒーショップやイートインでお食事も楽しめます。ワインも販売しています!フランスワインを中心に約60種類ほど!!
ワイン タルト パエリアセット

















広島市安佐南区沼田町吉山942-1
TEL:082-830-4141
OPEN10:00 CLOSE17:00
定休日 火曜日
駐車場 30台

友達・家族・・・お誘いの上ぜひ行ってみて下さいね!!











 

ちっちゃい田んぼ 田植え体験会(3年目)

過ごしやすい季節はあっという間に終わりそうで、ジメジメとした嫌な梅雨の真っただ中・・・
そんな季節でも漆喰は調湿効果があるのでお部屋の中はサッパリですね!

先日、一昨年からの試みで、第3回さくらホーム田植えイベントを開催いたしました。
taue








当日は、天気も良く、過ごしやすい気候で田植えも快適に作業ができました!

aka








田んぼに裸足で入るのが初めての人がほとんどでしたが、小さい子は特に最初は入るもの嫌がって、中には最後まで、裸足で入れない子もいました。それでも、徐々にコツを掴んできたのか、終わるころには慣れた手つきで予定より早く、無事完了しました。
IMG_8699









終わった後は、みんなで吉山BIANCOさんで、この吉山で採れたパエリア用のお米<パエリコ>で作ったパエリアをいただきました。エビや貝などの業界類やお肉も入った具だくさんのパエリアを外でいただくなんてホント美味しくて気分の爽快でした。
paeria









食後は、木陰でおしゃべりをしたり、子供たちは川で水遊び!
カエルやおたまじゃくしはもちろん、いろんな生き物が顔をのぞかせてくれました!
otama









秋には稲刈りイベントもできるように大きな穂が実ってくれるのを祈るばかりです!
もちろん、稲刈りイベントも行いますのでお楽しみに!!

tanbo

 

 

広島県呉市!

すっかり更新が遅れてしまいました・・・はや6月ですね!
6月より着工予定の呉のM様
着工までに、弊社ショールームや現地、お客様宅にて打合せを重ねる訳ですが、呉のM様は「呉」が大好きで、広島の友達と会うときなども呉にしかないお土産などをよく持参されるようです。
そこで、先日、ご自宅にお伺い折りに頂いたのがこれ!!
IMG_8558

 

 

 

 





ビンのものはお分かりでしょうか?そう!私たちの世代には懐かしい「ラムネ」です!
最近でも見ないことはないですが、プラスチックの容器ですよね?これ、ちゃんとガラスでできたビンなんです!
左から、呉の町で親しまれてきた定番の「トビキリラムネ」!スッキリとした甘味と香りで人気!
中央のが、旧呉海軍に伝えられたラムネで、甘味と酸味のこだわり「呉大和ラムネ」!
そして、右のが「しおラムネ」で塩を加えることで甘さを引き出した商品!
という、こだわりの3種類です!!
製造されてるのは中元本店といって創業大正14年の手作りの飲料・漬物、佃煮を販売されている会社です。
プラスチックではなく、本物のガラスのビンだったり、手作りだったり、決して量は作れないかもしれませんが、ひとつひとつこだわったところが無添加住宅と似たところがありますよね!!

続いて手前にある天明堂の鳳梨萬頭(おんらいまんとう)!
呉三大銘菓のひとつで、元々中国のお菓子だそうです。
鳳梨(おんらい)とはパイナップルのことで、クッキーのような生地にパイナップルのジャムみたいなものが包まれたお菓子でとても美味しかったです!

「呉」は「広島」と隣接していますが、広島とはまたちょっと違い、個性的で歴史もある街です!
古くは村上水軍の一派が根城にしていたり、明治時代以降は南国海軍・海上自衛隊になっています。
kaiji








最近では、大和ミュージアムやてつのくじら館なども人気ですね!
kujira yamato








「呉」ってあらためて調べてみても面白い街です!
みなさんもこの良い季節に「呉」まで足を運んでみてはいかがでしょうか?



 

 

Oishi吉山!

新しい年度のスタート!4月に入りました。さくらホームから見える黄金山もさくらもとてもきれいです。35640_1_xl[1]

 

 

 

 

 



今回は吉山の話題です!
安佐南区沼田町吉山に弊社が以前からお世話になっている株式会社EVENTOSさんがOishi吉山と題してマルシェをこの春から運営されます。
IMG_8370












吉山地区の農業法人さんと連携して作ったお米や野菜を販売したり、フードコート形式でパエリアやワイン、ジェラート・・・なども販売します。
以前、弊社がイタリヤ料理店の吉山BIANCOを無添加住宅仕様で施工させていただき、今回の建物も依頼を受けさせていただいています。
只今、工事中デス!!工期も限られているので結構てんてこ舞いデス!!
IMG_0149 IMG_0148








先日、3月8日の中国新聞の朝刊にも掲載されていました。
IMG_8371









5月18日のオープン予定ですので、完成しましたら、みなさんぜひいらっしゃって下さいね!!
IMG_0155 
























 

健康第一!

年度末の3月に入り、何かと皆様もバタバタとされているのではないでしょうか?今年は暖冬の影響で温かい日が多かったですね!
さて、今月は健康についての話題です。
毎年3月に人間ドック検診に行くようにしています。
20代後半に胆嚢摘出手術をしたことや、40歳を過ぎたころから代謝が悪くなり少しずつ体重も増えている事が心配しているところです。
IMG_8154 IMG_8156












毎年そうですが、当日前に検尿や検便を用意し当日は朝食抜きで検診に向かいます。
IMG_8149 IMG_8150









おまけにこんなに事前に記入する書類もあり、準備段階から結構手間もかかります。
IMG_8155








胃の検査はバリュームを飲むか?胃カメラを飲むか?で今年は胃カメラにしました。
何回飲んでも、これは良いものではないですね~・・・
おかげさまで、検査も無事に終わり、とりあえずは大丈夫な結果でしたの安心しました。
以前からわかっていたのですが、ピロリ菌が居るので除去しようと思い、同時に処方箋をいただき処方後の検査の予約もしておきました。
一週間、薬を飲むのですが、同時に一週間禁酒です・・・これは結構大変かも?
無事に居なくなってくれるのを望むばかりです。
IMG_8163











最近の院内はとても綺麗ですよね!待合が吹抜けから光が入ってくるようなっていて、ドトールコーヒーがあり、おいしいコーヒーもいただけるようになっていました。
IMG_8160








皆さんも定期的な健康診断はされていますか?


もう一つの話題は昨年も書きましたが、手づくり味噌です!
冬にやりますが、今年は少し遅くなってしまいました!!
つくり方は簡単!!
大豆を水に浸して、茹でてつぶす!
IMG_8250 IMG_8253









昨年はすり鉢でやりましたが、今年はフードプロセッサー!これを使うとさらに簡単です!
麹と合わせて・・・
IMG_8255








あとは団子にして、樽に投げる!!今年は長男と作りましたが、ここが一番楽しいようでした!
IMG_8256 IMG_8257









あとは半年以上寝かせれば出来上がり!
IMG_8258









我が家は漆喰の部屋で寝かせます!!
IMG_8252









ちなみにこれが一年5か月前に仕込んだ味噌です。寝かせれば寝かせるほど美味しくなりますね!
余計なものが入っていない手づくり味噌!一度試してみませんか?

 

  • 無添加住宅
  • チャレンジ農園吉山
  • あかりや
  • 咲楽家