HOME >> メディア掲載 >> 7月25日 中国新聞に掲載されました

7月25日 中国新聞に掲載されました

7月25日の中国新聞にさくらホームの無添加住宅に対する取り組みが掲載されました。下記は記事の中からの抜粋です。

住宅リフォームのさくらホーム(広島市南区)は、化学物質を含む建築材を極力使わない一戸建ての受注を始めた。
しっくいの壁や天然石の屋根など、昔ながらの家屋の作り方をアピールする。
建築材の化学物質が原因で頭痛や喉の痛みなどを生じるシックハウス症候群への対策として「無添加」をPR。
構造材は主に広島県産のスギやヒノキ、接着剤は米のりやニカワ、塗料は柿渋やベンガラなどの天然素材を使う。
2010年に住宅メーカーの無添加住宅(兵庫県西宮市)と代理店契約を結び、天然素材を用いたリフォームを開始。
一戸建ての問い合わせが増えたため受注を始め、5月末に広島市南区に一棟目を着工した。
3.3平方メートル当たりの建築費は約60万円。
15年までに、広島県内で年4億円の売り上げを目指す。宮永和幸社長は「長く住めば風合いが良くなる。天然素材に関心が高い子育て世代に売り込みたい」と意気込む。

中国新聞7月25日イメージ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


  • 無添加住宅
  • チャレンジ農園吉山
  • あかりや
  • 咲楽家