構造について

無添加住宅の構造についてご案内いたします。

基礎

基礎 基礎ベース全体に鉄筋を配した強靭な鉄筋コンクリートベタ基礎が標準仕様。
基礎の構造は、確認された地盤の強度と構造計算に基づき、十分な鉄筋を配した強靭な鉄筋コンクリートベタ基礎を施工いたします。


防腐・防蟻処理

柿渋 土台や柱、床下構造材は、防虫・抗菌作用のある天然の化学物質を放出しているヒノキを使用。そして無添加住宅の防腐・防蟻処理の柿渋を標準仕様。
床下の通気を良くするパッキンには樹脂製のものではなく天然大理石を使用しています。


構造

国産檜角材を使用在来軸組工法+良質の広島県産材を使用。
土台、通柱、隅柱にプレカットの国産檜角材を使用。各部材はコンピューター制御で工場生産された精度の高いプレカット材。確かな素材選定と先進のテクノロジーにより構造部の精度と強度をさらに高めています。
地震力、風圧力に対しても筋違の採用により安全性を確保。また、接合部を金物で補強することにより、より強固な構造体を実現。筋違は、台風時の風圧や地震時の水平力から建物を守り頑丈な構造体で、快適な暮らしをいつまでも守ります。


断熱材

コルク無添加住宅は外張り断熱として炭化コルクを柱の外側に隙間なく全面に施工します。そのため一般的に壁の中に断熱材を入れる内断熱(充填断熱)のように柱等の木材の熱橋(ヒートブリッジ)も起こりません。※熱橋(ヒートブリッジ)とは柱等の間に入れる内断熱では柱等の木材(鉄骨造では鉄)が室内と室外に接するため熱の通り道になり大きな熱損失がおこります。冬の低温では熱橋の室内側に結露が起りカビ等が発生する原因になります。ちなみに、炭化コルクの断熱性能と比べると木材の断熱性能は1/3以下、鉄にいたっては1/10,000以下です。


屋根(クールーフ)

クールーフ天然玄昌石貼 人工的にはつくり出せない自然な美しさと耐久性を兼ね備える天然石を使用。石を引っかける独自の工法を考えだし、石葺きを可能にしました。しかも石葺きのすき間を利用して、屋根部の熱を自然の風力で自然換気することで従来の屋根以上の涼しさを実現しました。


内・外装

漆喰無添加住宅のオリジナル漆喰は、良質で白度の高い高知産の石灰岩を使用し、独特の改良を加えた、耐久性・安全性・意匠性も抜群の画期的な漆喰です。その仕上がりはまるで職人技の美しさです。外壁 漆喰塗りしっくいは、消石灰に麻スサやのりなどを混ぜたもので、耐火性・耐久性が高い自然の塗装材です。内壁・天井 漆喰塗り ビニールクロスでは得られない、吸湿放湿生に優れ、空気を浄化してくれるしっくいを内装にも使います。