1年の無病息災を願って

 

あけましておめでとうございます。

さくらホームの竹下です。

ここ2,3日寒さがま増したような気がします。

 

さて、昨日帰宅すると子供たちの掛け声のようなものが聞こえてきます。

「なんだろう?」

と思って近寄ってみると、、、七草粥に入れる七草を言っていました。

 

我が家では幼稚園から毎年の光景ですがさすがに子供達も小学校の中・高学年になると

覚えているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まじまじと見るかわいいですね。

 

「七草粥」のことしらべてみると、1月7日にこれからはじまる新しい1年を平和に暮らせることを願い、

邪気(じゃき)を払う意味で「七草粥」を食べるそうで、こうした風習は、わが国には中国から平安時代初期に伝わったようです。

さらに昔は、七種の穀物でつくられ「七種粥」と呼ばれていたといわれており、七草を使うようになったのは鎌倉時代からだそうです。

 

七草それぞれに効用があり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お節料理や新年会など、飲んだり食べたりすることの多い時期、疲れた胃腸をいたわり、不足しているビタミンを補うために、最適なメニューといえますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もがんばります!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

世界で一番自然に近い家 無添加住宅について
カタログを無料送付!!資料請求はこちら