HOME >> スタッフブログ リフォーム >> リフォームの時代は、続いていくのか??終わるのか??

リフォームの時代は、続いていくのか??終わるのか??

 こんにちは。スタッフの竹下です。

 

突然ですが、これは何の写真でしょう??

IMG_0593

アーティストや作家の作品ではありません。無残にもシロアリに食い尽くされてしまった

家を支える重要な柱(構造部)の一部です。普段私たちが目にすることはできません。

IMG_0520

指で触るだけでポロポロと崩れ落ちてしまいます。恐ろしいですね。

 

今私たちを取り巻く建設業は国策などを見ても、新築・リフォーム問わず、建てて終わりの時代から手入れをして持続させていく時代へと移行しているように思います。エネルギー問題や枯渇燃料、地球環境への負荷を考えても当然の事と思います。

 

現在の日本の住宅ストックはおよそ5000万戸、

・戸建    2750万戸 56%

・長屋     133万戸  2%

・マンション 2070万戸 42%

 

これらに対して空き家(未稼働)が、700万戸(14%)といったデータを見つけることができました。単純に空き家14%って凄いですね。さらに、人の住んでない家は劣化のスピードも速く、恐ろしく朽ち果てていくように感じます。住宅ストックの活用が叫ばれるのも無理はないと思われますね。

 

小さなリフォームから大がかりなリフォームまで、お施主様の目的に応じて一緒になって建物に向き合っていきたいです。

 

 

リフォームの時代は、続いていくのか??終わるのか??” への2件のコメント

    • お返事おそくなりました。すみません。
      一般的には床下に潜るのが一番わかりやすく早いと思いますが、稀に真壁工法(昔の和室などに見られる柱がむき出しのもの)などの柱脚部にも見られる事があります。しかしながら、そこで見かけるシロアリはおもに建物下部を加害するヤマトシロアリといってほとんどの日本全土に分布している白アリの一種類のみです。
      恐ろしいことに、今日本で発見されている白アリは、4種類ありヤマトシロアリの他に、イエシロアリ、アメリカカンザイシロアリ、ダイコクシロアリなどがあげられます。
      イエシロアリにおいては、東京以南の太平洋側、瀬戸内海、四国九州沿岸部、沖縄と発見されており被害は建物全体に及びます。
      癌検診のようですが、早期発見と予防が肝心ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


  • 無添加住宅
  • チャレンジ農園吉山
  • あかりや
  • 咲楽家