て・し・ご・と vol.2

 

て・し・ご・と vol.2

 

こんにちは、スタッフの竹下です。

今回は前回の「て・し・ご・と」の続き(→画面をそのまま下にスクロールしていただくと確認することができます。)で、現場での施工にスポットを当ててみました。

 

まず、準備と現場確認を終えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定位置に、取付を施していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは、前回念のために確認したところですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庇を伏せていく為の準備が、何とか整いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庇の荷重を受ける梁の微調整を行います。

大工さんが新たに木を掘っているところに一番端の垂木が掛かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッサッと手際よく微調整の後、梁を掛けていきます。

刻んだ仕口にしっかり落とし込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

垂木を掛けていきます。先程調整した部分が一番端の垂木です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、早いですね!

面材を伏せていきます。(→今回は羽目板を採用し、塗装して見えるように仕上げました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げの板金を施工して、できあがりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、南面のウッドデッキ、濡縁に合わせて木で造りたいというお施主さまのご要望により木で施工しました。家全体がバランスが取れて更に無添加住宅の志向に近い家造りに

なったと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから年月が経つにつれて木ならではの風合いが出てくる上無添加オリジナルしっくいとの相性もグンと良くなってくる思います。ほんとに楽しみです。

K様とも思い出のある家造りができたと思っています。また一つ経験をありがとうございました。

ここからが弊社との本当のお付き合いとなりますね!!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

世界で一番自然に近い家 無添加住宅について
カタログを無料送付!!資料請求はこちら