渡り廊下のある暮らし
~大きな吹抜けの中にある、すのこ床の廊下~

漆喰や無垢板・天然石・炭化コルクなどの自然素材に囲まれた無添加というこだわりの暮らし。
今回の施工事例は、南面に位置する大きな吹抜けには日差しを通す、すのこ床の渡り廊下がある空間。
渡り廊下を渡ると、春にはさくらが満開になる公園が一望できるバルコニーへとつながる、遊び心満載の空間が出来ました。

リビングダイニングからつながるウッドデッキは内外の空間を一体にしてくれます。

漆喰だから出来る曲面をとことどころ取り入れ、空間にやわらかさを演出します。

キッチン後ろには造り付の食品庫や奥にはパントリーも配置。

渡り廊下の手摺はアイアンで制作、漆喰の手摺は笠置を設けず、漆喰をそのままRで仕上げました。

和室の天井は天然網代を使用、アクセント壁として、漆喰にべんがらを混ぜ着色しました。
襖紙も印刷したものではなく和紙を使用。

トイレの手洗いも造作で・・・ガラスのペンダント照明が漆喰に影を映します。

タイルを使用した手洗いコーナー

シューズクロークもゆとりの広さ。出入り口の下がり壁はRに・・・

建替え前にあった、思い出のクロガネモチの木を加工してニッチスペースに利用しました。

屋根裏のスペースを有効活用し、納戸として利用

屋根は天然粘板岩で重厚な美観と自然の優しさを表現します。

天然の石灰岩をアクセントで使用。石は悠久の時をもたらします。